マクラヤトップページにもどる



皆さんのとっておきの快眠方法を教えていただきました。
不眠で悩んでおられる方の参考になればと思います。
多数ご応募いただいた方ありがとうございます。
でも、人によって個人差、向き、不向きもあるのでそのへんはご了承ください


●眠気発生法 眠るにはまず「眠気」を発生させなければなりません。
その方法として一般的なのは、ひたすら運動して体を疲労させる、食事をする、勉強するなどですがどれも非常に面倒でつらいです。

そこでおすすめするのが「サザエさん連続視聴による眠気発生法(SAZAE法)」です。
名前のとおり「サザエさん」を連続で見続けて眠気を誘うわけですから、下準備として「サザエさん」を半年分くらい用意します。

で、最初から一気に見ましょう。徐々に眠気が発生します。また歌ったり体を動かしたりすると眠気がとびますのでオープニングテーマ、エンディングテーマ、ジャンケンは早送りして下さい
◆これは、すごいですね。SAZAE法ってほんとにあるんでしょうか!?
試してみる価値ありかも。めちゃサザエさんマニアになったりして・・・。

●布団の端っこを膝に挟んで(抱き枕のような格好)寝る。*寝る前に翌日分の緑茶を入れて冷ましておくのが日課なのですが、その時に緑茶の香りをよく嗅いでおく(カフェインを摂ると眠れないので飲んでは駄目。香り成分にリラックス成分が入っています)

*寝室は寒色(夏はブルー、冬はグリーン)系で統一。
・・・寝付きがすっごく悪い私が編み出した(?)方法です。
◆色相学的にお部屋の色もいろいろ関係してくるみたいですね。

●私は鍼灸師ですが、足を温めて、頭首回りの熱を取ることしかないです。
自分では、おなかや足を温めたり耳の後ろ辺りのツボを、鍼したり、やさしくマッサージすることがあります。

あとは、呼吸法。横隔膜を下げるために腹式呼吸で深呼吸。食べ過ぎの状態で仰臥すると、横隔膜が上がるので、寝る前に軽く運動やストレッチをすることもあります。

肩や首が凝っている人は胸で呼吸してるか、深呼吸ができないので多分眠れないです。正直なところ枕を換えただけだけでは、ちょっと無理かなあ?と思っています。なんせ、不眠対策は、夜になってからでは遅いですよね。朝、少々眠くても日が昇るまでには頑張って起きて、太陽と共に行動することだと思います。
◆やはり快眠の基本は、規則正しい生活ということでしょうか

●私の快眠方法。腕を上に伸ばして、二の腕に枕を乗せ、その上に頭を乗せる。そのまま逆の腕で枕を抱えて、ちょっとうつぶせ加減に。これで、寝付きはバッチリ!ついでに、ベッドの端に寝ると更に寝付きが良くなります。
◆えーとどんな寝姿になるんでしょうか

●まず布団に入る直前にお茶を湯飲み半分くらい飲んでから、トイレに行く。
ここでお茶を飲み過ぎると、夜中にトイレに行きたくなるので要注意!布団に入ったら、最初は右を向いて旦那に「おやすみなさい」と言う。(まぁ、これは右側に旦那が寝ているからなんですね(笑))

しばらくしたら上を向き、またしばらくしたら左を向き、最後に上を向くといつもこのくらいで眠りに入ることが出来る。
余談だがその間約15分くらいで、「今日はなんの夢を見ようかなぁ〜」などと考えていたりする。
・・・・・そうすると途中で起きることもなく、何故だか朝までグッスリ眠れるんですよね。我ながら不思議なんですが、もうすでに寝る前の儀式になっているみたいです。あと思い通りの夢が見られるのは3〜4割程度かな

◆思い通りの夢みたいですね。

●まず全身の先々(手の指先、足の指先)意識を集中して脱力するようにする。そしてその意識をだんだん体の中心まで持ってくる様にして全身を脱力するようにします。そうすると結構すぐに寝れます。もともと寝付きが悪く、いろいろ本などを読んだ結果この方法に行き着きました。

●お風呂に入ってから、レンジでチンするタイプの目枕と肩枕を身につけ、さらに目枕の上にはハーブの目枕を重しに置く。そして電気毛布であったまった布団の中へ入り、お気に入りの波の音CDを小さな音量でかけながら、オリジンズの「ピースオブマインド」をひとふきして目を閉じます。深呼吸して海辺にいることを想像してみると…あ〜らふしぎ、寝てしまいます。
もちろん、お風呂の前は腹筋やダンベル体操をして運動をすることも快眠のためには必要です。


●以前やっていたのは「お香」を焚いて眠ると快眠出来る気がします。もっと細かく言うのなら、布団は重め、枕は低めでやわらかめ、TVはOFFタイマーを30分でボリュームは最小、まず上をむいて5分ぐらい、左を向いて3分ぐらい、最後に右を向いて5分ぐらいで眠りに堕ちる・・・それが私の快眠?!法です。
◆なんか儀式みたいですね。


●今みたいに寒い時期は特に、足が冷たくてなかなか寝れない場合等には効果的です。寝る前に足ツボマッサージ♪、青竹踏みのような要領で、健康サンダルのようなぼつぼつのついたもの(足ツボ刺激用)に5〜10分乗ってから布団に入ります。そうすればツボへの刺激で足先がぽかぽかと暖かくなってきて快眠できます。

●冬は寝る前に黒砂糖と同量のショウガをすりおろしお湯に溶かしながら飲むとポカポカに暖まり良く眠れます

●寝るときに足のところにクッションを置いて、足をそこに乗せて寝るとぐっすり眠れます!しかも、次の日の朝は足の疲れがすっきりしてるよ♪お試しあれ〜♪

●私が今気に入っているのは、ヒノキの枕です。ヒノキの細かいチップが入っていて首から頭のラインに合わせて好きな高さ、形に出来るのでピッタリフィットします。そしてヒノキの香りが森林浴をしているようでとてもゆったりとした気分になり快眠できております。
◆ヒノキの香りもリラックスできますよね。今度、夏用でイ草枕を販売しますが、それもイ草の良いにおいがします。


●まず眠りに入る1時間位前から部屋の照明を暗くしお香を焚いて「眠りモード」を作ります。
そしてゆったりとした気持ちで床に入り、昨日見た夢を回想します。そうすることでただ何となくですが少しずつ眠気がやってくるような気がします。これはとっておきの快眠方法というよりは精神面での気休めかもしれませんが・・・。物理的には眠る時の姿勢に違和感を感じないように隙間をタオルケット等で埋めてできるだけ楽な姿勢をとるようにしています。
◆入眠の体制をととえるっていうのも、快眠のひとつの秘訣ですよね。

●枕カバー用のタオルをビニール袋に詰め、冷蔵庫で冷やしてから、寝る間際に枕に巻く。頭に当たる面積が広いため、寝返りをしても冷たい部分から外れないためとても気持ちがいい。

◆夏場気持ち良さそうですね。


●寝る前は目の体操です。眉毛の所、鼻、目下 すっきりして寝れます。どうしても寝れない時は、右向いて、鼻から息吸って吐いてしてたらばっちりです。



●まだまだ夜は寒いですよね。末梢の循環がわるいと足元が冷えてなかなか深い眠りにつけませんそんな時、ヒラゴムに結び目を作って足のひとさしゆびの第一関節のところに巻き付けて10分おいたら外します。

そうすると足元がぽかぽかしてきてよく眠れます。母から教えてもらいました。
私はこの冬この方法で熟睡してます。後は、眠る2時間位前に青汁を飲みます。ケーナでしったけ?葉の成分が安眠を誘うそうです。
◆ほーそんな暖め方があったんですね。

●寝る前に、空き瓶などで足の裏のかかと部分をトントン叩くんです。片足100回くらいが目安かな?
出来れば誰かにやってもらうとよりいいと思います。失眠と言うツボがあるらしく、うちではダーリンが毎日叩いてくれまーす。
◆やさしいダーリンですね。羨ましい。足先を暖めるという意見も多数ありました。

●寝る前にオケに熱いお湯を入れて、くるぶしまで足を5分程温めてから寝る。血の循環も良くなるし、身体全体が温まるし、疲れも取れます。私は暑い夏でもやります。冷房で固くなった足には血の巡りが良くなりますよ。
●寝る直前に、42度のシャワーで足首から下を五分位当てた後快眠のツポを刺激してから布団に入ります。


●布団乾燥機で寝る前に温めておくのです。布団の中が冷たいと体に力が入ってしまってなかなか寝付けないんです。

●どんなにふかふかの毛布でも始めはひやっとするものです。でも暖かくしておくとなんかホッとできてリラックスできます。

●寝つきがあまりよくないほうですかこの方法をするようになって、ラクです。たまに眠れない時でも暖かい布団の中で横になっているだけで気持ちいいですよ。

●首の後ろに暖めたおしぼりタオルをビニールに入れて置く。
●寝る前に市販のグッズで肩を温めています。肩が温かいと、すぐ安眠できますよ。

●梅肉エキスを、お湯で割ったものを、飲んで寝ると、体が暖められてよく、寝れます


●冷え性なので,とにかく暖かくして寝る事です。裏起毛のスウェットスーツに,スキー用のソックス,厚地のセーターを重ね着しています。布団は,ネルのシーツ,毛布と羽根布団と,その上にもう1枚毛布。そして,布団に入る直前まで,おこたで全身を十分に暖めて寝ます。以前に電気毛布も試したのですが,暖かくて,ぐっすり眠れ過ぎて,翌朝目がさめず,大遅刻をしてしまったので,以後使用してていません。老後の楽しみに取っときます。
◆スキー用のソックスは、私もして寝ます。でもかなり冷え性ですねー。

●寝る前に暑いお風呂に入ります。そして子どもの頃から愛用しているガーゼのふとんを直にして寝ます。肌触りバツグンでいつもぐっすり寝ています。

◆ガーゼは、非常に人気です。当店でも3月中旬から扱いますよ。
●寝る前に、30分ぐらい軽い運動をします。ダンベル運動と、そのあとにストレッチ。体を中から温めると、リラックスできて眠りやすいみたいです。

●とにかく仕事で走りまわる(まわされる)事。毎日横になると死んだように眠っている。
◆ご苦労さまです。

●腹筋してからだと、疲労感でよく寝れます!

●30分のジョギングの後風呂にじっくり浸かってそのまま寝床へ がとっておきの快眠方法です。

●ダンベル体操をして少し身体を疲れさせる

●前に挫折した本を読む
◆そしてまた、挫折するんですね・・・。

●やっぱり昼間軽い運動するのがいいと思います。うちには犬がいるので夕方1時間以上歩いてるせいか夜ぐっすり眠れます。また夕飯なども同じ時間に食べてると寝る時間も毎日ほとんどいっしょです。

●睡眠も体力がいるので腹筋を50回してから「さー!寝るぞっ!!」って気合入れたらよく寝れます。これホント。

●風呂でたっぷり汗をかいて、水を飲んで寝る!

●「ソリティア」(Winに入ってるゲーム)をひたすらやりつづけるとものすごく眠くなってくるので眠れないときはいつもそうしています。
◆私の妻も同じことを言ってました。あのゲームも結構、役に立つみたい。
●寝る前にホットミルクを飲む\(^_^)/私は前からやってたけど、なんとSMAPの木村さんもホットミルクを勧めている!!

●1.睡眠をとる1時間前に牛乳にグラニュー糖をスプーン1杯分を入れて飲むと不思議なことに良く寝れます。(暖めても良い)2.乳幼児が寝る姿勢(横向きでおなかを敷布団に引っ付ける)で寝ると良く寝れます。

●お風呂上がりにゆっくり牛乳を飲んで(カルシウムが安眠にいいということですから)、布団にでーんと寝転がり、足、手、胴体、頭の順に力を抜いていく。

●就眠前に暖かいミルクを飲んで冬は足をフットバスで洗います足がだるい時は足を少し挙げて静脈の還流をよくします

●寝る前にシナモンを入れたホットミルクを頂き、リラックスを誘いベッドに入るとよく眠れますね!
◆寝る前に牛乳を飲むっていう方も多数いらっしゃいました。
●なんといっても、アルコールが一番 1日が終わって布団の上で飲む缶ビールは最高です。

●ブランディーをちびちびやってそれから本を読んでから寝る
●半身欲で十分温まって、お風呂からあがったら、梅酒を飲んで寝る。

●私の場合、お酒はあまり強く無いのですが、赤ワインを適量が一番よく眠れるみたいです、あまり強い酒はだめです。昔ヨーロッパでは、夜泣きをする子供にワインを飲ませちゃったらしいです、私はもしかして子供と一緒?

◆アルコールは、もう定番かなっと思ってたんですが、アルコールと同じぐらいミルクを飲む人も多かったです。飲みすぎに要注意
アロマテラピー派
●あったか〜いジャスミンティーをお気に入りのカップで飲みつつゆったりした音楽をかけ、お香をたきます。
音楽は1時間ほどタイマーをかけて、音楽を聴きながらベットに入ります。すると何だかリッチな気分になってよく眠れますよ〜

●少しだけナイトキャップをして、セントジョーンズワートなどのハーブを服用する。まぁ、お腹一杯だとたいがい眠れますけどね。

●どうしても眠れない時は、100円ショップで買ってきたラベンダーのアロマを焚いてお気に入りの音楽を聴く。その後氷水でこめかみ、まぶたを冷やして布団に入る。

●カモミールのアロマをたいて寝るといい感じです。
●ぬるめのお風呂で1時間ほど半身浴。入浴剤は「カモミール」の香りのものがリラックスできます。入浴後はできるだけ早く(体が冷めないうちに)布団に入ります。

●私の快眠方法は寝る前にラベンダーのお香をたき、布団の中で大きく深呼吸を数回することです。人によりますが私は安眠できますよ。

●寝る前にお気に入りのフレーバードティを一杯。

●ルームフレグランスをします。リラックスできるラベンダーがお勧めです。よく眠れます。また、枕が高すぎたり、固すぎると良くないと聞いたので、バスタオルを何枚も重ねた物を枕代わりに使用しています。

●枕元にアロマオイル(ラベンダー)を垂らして眠ります。また、枕を2つおいて(ふかふかのもの)寝ます。

●寝る前にロースマリーのハーブティをコップ半分くらい飲むと、すっごく快適に眠れますよ。試してみてくださいね。


●アロマオイルを使用する。1.湯船に入れる2.冷え性のため足湯をするときに入れる。3.アロマオイル入りのお湯でタオルをしぼり、目にあてる。とにかく寝る前にリラックスできる環境を作る。
◆アロマテラピーで心身ともにリラックスするとぐっすり眠れそうですね。

●私は冷え性でなかなかこの季節寝れないので、4歳になる息子は、どんな暖房器具よりも暖かいのでこたつがわりにして一緒に寝る事が私の快眠方法です!
●1歳11ヶ月の息子の太ももを触りながら寝る。気持ちいー。」
●まだ少々柔らかい娘を抱っこして暖かさと優しさをもらって寝るのが一番。ただ、時々蹴られたり、パンチを頂きますけど。

●私は、冷え性歴10年(?)の主婦です。わたしは、寝る前の足を暖めるのに毎日必死で、ヒーターの前にやけど寸前まで我慢してあたため、そして急いで布団へ・・・でも、つめた〜い布団は、表面だけ暖めた私の足くらいまたすぐクールダウンします。で、一時間ほど早く寝付いた息子(4歳)の柔らかい太股にそっと私の足を忍ばせて1分。やっぱり、体温ほど冷え性に効く薬はありません。そして、今日もゆっくり眠れるのです。でも、そんな母の謎の行動は誰も知りません。(本人も・・・)
◆子供を湯たんぽがわりにつかうっていう意見も結構多かったです。あったかいですもんね。

●妻に耳かきをしてもらうと、あっという間に眠れます。
●もちろん、旦那さまといっしょに寝ることです。いつも子供も一緒だけど、あったかくて、腕まくらもしてくれてサイコーです。 けんかをしていないときは ネ!!

●冬は足が冷えるので主人の足をコタツ代わり!
●若い頃から私の快眠は、主人の体に足を乗せて眠ることです。なぜか安心して眠れます。しかし最近は私も重たく成りこの快眠方法は持続できなくなりました。

●恥ずかしいんですが、彼の腕枕です。日頃外では気を張っていることが多いので、心から気を許せる体温に安心します。一人暮らしの狭いベッドですが、明日への気力を養う大事な時間です。
◆ご馳走さまです
だき  (/^-^)/(^^*)))))ダキ 

●子供と主人と手をつないで寝るといい夢が見れます。
●家族みんなで、くっついて眠る。
◆いい家族ですね。
●愛犬(アイリッシュセッター)を抱いて寝ること。一応大型犬なので、愛犬は私の腕を枕にしわたしは愛犬の胴体に足を絡ませて寝ています。やわらかい毛並み・・・香ばしい日向の臭い、最高です!!
●くだらないんですが、ちょっと眠れそうもないとき、フジテレビのサイトに羊が1匹2匹3匹・・・・とただ数えてるだけのゲームがあるんです。それをボーっと眺めてたりすると、なぜか眠くなる。後本気で眠りたいときは、自分の好きな香りの紅茶を飲んでから寝ます。紅茶にもいろんな種類があるので、けっこう香りの強いのがおすすめです。心が落ち着きますよ。
◆ちなみに下記のホームページみたいです。
http://www.fujitv.co.jp/jp/goods/sheep/index.html


●飛行機の中で寝るときですが、イヤホンで聞こえるか聞こえない程度の音楽を流しておくと、外の音がシャットダウンされ、イヤホンから聞こえる音も内容がわからないので、睡眠に集中できるというか・・・とにかくよく眠れます。

●家にある一番ぶ厚い辞書を読む。うちの場合は10センチぐらいの厚さの建築大辞典。意味がわからない本だったら薄くてもOK。(旦那さんのPCの本とかでも良く寝られます。)でも起きると本が下敷きになってることもあるので大事な本はやめといた方がいいかも・・・。


●サティの曲を聴いて眠ること。
●大好きなトキオの山口君のことをおもってねるのです快眠快眠
●目をつぶりながら歌います。
●ハワイアンに夢中です。ハワイアンってすごくロマンチックなんですよ。寝る前にタイマーでCDを流すと本当に幸せに寝付くことができます。
●電気を消してラジオのOFFタイマーをセットして小さな音でラジオを聞いていると自然に眠ってしまう


●湯布院に住んでいるので温泉に入って イオンを浴びながら寝てます
◆羨ましいところお住まいですね。毎日温泉生活かー。

●ベッドに入る前に、ライトをレインボーライトにする(壁や天井がキレイな色に染まって、落ち着けます)
●温度をほどよくする早めから間接照明の中で過ごす備長炭を枕元におく足元をあたためる

●充実した日をすごし、おいしいものを食べてゆっくりお風呂に入ること・・・かな?体も心もリラックスするとほんとにぐっすり眠れます。細かいことをくよくよ悩まないように!

●バンザイして眠る。これがなかなかいいのです。

●とにかく静かでないと眠れないので、雨戸などはきっちり閉める。夫のいびきがうるさい時は首を絞めて静かにさせる。(殺さないように注意する)
◆旦那さんもまさか首しめられてるとはしらないんでしょうね。もしかして私も妻に・・・。

●何も身に着けない。全裸で寝る。
●お気に入りの深層水をコップ1ぱいのんでからふとんにはいること。
●寝る前に一杯のグレープフルーツジュース。かなり効果的。

●何日も徹夜してフラフラになるまで起きている。死ぬ様に眠れる。

●丸1日起きてて次の日ゾンビのように寝る
◆そら寝るでしょ。でも体に悪そう。
マクラヤトップページにもどる